開業資金が無くても

リスクなく勝てる開業をしたい歯科医師へ

こんにちは。 尾島デンタルクリニックの林崎です。

今回は開業を考えている先生、もしくは将来は開業することになるのかなと思っているけれども、資金の援助が望めなく自力で全て行わなくてはいけない先生向けのメッセージです。

具体的には

・親がサラリーマンで資金援助なんてとんでもないという先生
・これからの時代、多大な借金を返すというリスクを理解している先生
・開業は5千万の借金すると聞いて、ひいてしまう先生
・そもそも銀行がお金を貸してくれる立場までどう上がるかわからない先生
・そもそも歯科医師は開業しない道はないのか?と思っている先生

といった方に向けた話です。

また、親からクリニックを継いでほしいと言われているけども

・そのクリニックが患者数が1日15人を切っているという先生
・そのクリニックの場所が田舎で、戻るのは考えられないという先生
(奥さんや旦那さんに反対されている先生も

・そのクリニックの立地が悪くて、これからは厳しいだろうなと思う先生
・そのクリニックの近くに大手の歯科医院がオープンしてしまった先生

にも聞いてほしい話です。

実は私も親が開業医でも歯科医師でもなく、資金援助は一切ないという立場でした。

それどころか、親はサラリーマンで祖父母も資産家でもなんでもないので、借金なんてとんでもない環境で育ちました。

今でも私自身の借金の金額は親には言っていません。恐らく、話したら失神するのではないかと思います(笑)

そんな環境だったので、大学6年生から卒後3年くらいまでは
「開業することは決めた。でもお金はないし、銀行から借りるのも無理。どうする?」

という状況でした。

結婚が早かったせいもあり、恥ずかしながら卒後3年の時にも貯金は100万円もなく、たまに会う親にも「ずっと勤務できる病院はないの?」と聞かれ、借金を何千万もするなんて怖くて嫌です。
そもそも銀行はATMで生活費を下すところで、借りるイメージもない状況でした。

とりあえず技術と知識を高めながら、地道に資金を貯めるしかないかなという感じでした。

ここで話を少しそれますが、
私は学生時代から開業志向が強いと周りからも言われてて、自分でも自覚はあったのですが、最近になって「開業したい」というよりは「経営をしたい」「でも、他に道はないのかな」という感覚だったことがわかりました。

総合病院に勤める道を探っていた時期もありますし、一時期、大手法人でNo2として運営を任せられていた時も、仕事自体にも待遇にも何の不満もなく、一生このままでもいいかなと本気で思っていた時期もありました。
(その法人を日本一の法人にするつもりで、寝る間も惜しんで働いていましたが)

そんな状況だったので、「開業を視野に入れているけども具体的に資金などは・・」という先生の気持ちは痛いほどわかります。

そんな私の背景から、絆尚会では開業支援にも力を入れています。

その中でも当法人がご提案している開業支援の一つに「リスクなし医院継承」があります。

このコースを具体的な流れで言うと

① 2~5年間 当法人で勤務。
(卒後年数、実力、貢献度などにもよります)

臨床はもちろん、勝てる経営について一から学んでもらいます。

実際の医院オープンや展開など、本やセミナーではわからない経験をしてもらいます。
スタッフ管理なども全て実際に経験してもらい、平均的な開業医よりも実力をつけてもらいます。

待遇も月給60万~100万の好待遇です。 (月収120万を超える先生やプライベートを大事にしたい先生は、ずっと勤務してストレスなく過ごすというコースに変更しても可能です。退職金もあります)

→ ② 5年程度 継承予定のクリニックで院長
(立地、規模、希望などにもよります)

規模、立地などを先生と相談したうえで、開業立地を選定し、クリニックをオープンします。

一番リスクの高い時期ですが、先生は自己資金は1円も出さなくて大丈夫です。

安い立地でボロボロのクリニックを作るということはありません。

法人のつながりと資金で勝てる立地と考え抜かれた設計でクリニックをオープンします。
もちろん、設計などは一緒に相談させていただきます。

慣れないスタッフの採用、教育などを含め、システムを作り上げるところも苦労はありますが、一緒に乗り越えていきます。

待遇は規模や売上、勤務の歯科医師、歯科衛生士の数にもよりますが、院長としての待遇は80万~150万と考えてください。

→ ③ オープン後5~6年目

医院を継承可能となります。

その際に、法人内にとどまる継承の形か完全に独立する形かは選んでいただいて結構です。
どちらもメリット、デメリットがありますので、先生が選ぶ権利があります。

継承する際には設備を含めてクリニックの全てを継承します。

金額に関しては、ここでは明かせませんが、真っ当な正当性のある金額計算になっています。

また、先生が払えないような金額だと意味がありませんから、ストレスなく払える設定になっています。

過去に計算式や金額を実際に話した先生からは「その金額でいいんですか?」と聞き返されるくらいの額なので、とても魅力的なご提案になると思います。

また、その際も銀行から借りる必要もなく、無理のない分割の返済方式なども可能ですので、先生のリスクはありません。

ノウハウ・実績

絆尚会はまだ新しい法人で法人自体としては、クリニック継承などの実績は現時点ではありません。
ですが、私自身が継承をして開業した経験や、某大手法人で継承を前提としたクリニックを数院オープンした経験などがベースとなっております。

また、周りに継承やM&Aに強い税理士法人やその他のブレーンで固めていますので、ノウハウなどについては一切心配はいりません。

クリニックの場所自体も群馬はもちろん、関東にこだわるつもりもありません。

今の時点で10院もあるような大きな法人で歯車になるよりも、これから急速に成長していく法人の幹部や医院継承を狙いたい先生は、まずは一度見学に来て話を聞いてみませんか?

繰り返しになりますが、

・親がサラリーマンで資金援助なんてとんでもないという先生
・これからの時代、多大な借金を返すというリスクを理解している先生
・開業は5千万の借金すると聞いて、ひいてしまう先生
・そもそも銀行がお金を貸してくれる立場までどう上がるかわからない先生

には、人生の一つの提案として面白い話ができると思います。

私やクリニックの誰かとの面識は全くなくても構いません。

もちろん、群馬県出身などでなくても構いません。(そもそも私は北海道出身ですし)

一年中、色々な人が医院見学に来ていますので、スタッフも手馴れています(笑)
お気軽にお問い合わせください。

*開業前に1年くらい資金を貯めたいといった先生の応募はご遠慮いただいております。